買取情報サイト ブランドマガジン

  1. HOME
  2. ブランド雑学
  3. まだまだあるコピー品の見分け方

まだまだあるコピー品の見分け方

総合的に判断する事で必ず見抜くことができる

前回のコラム「ブランドのコピー品を見分ける」では
ブランド品に使われている素材の質の違いをご紹介しましたが、
今回はその他の違いについて解説していきます。
まずは縫製の質について。
本物とコピー品とでは縫製の丁寧さが全く異なります。
使用する糸の質やステッチの数、縫製の仕方など
大きな差が生まれるので素人目でも判別可能になります。
ジッパーを使用するバッグなどでは一度ジッパーを閉めて、
上から潰すような形で押し込んでみましょう。
コピー品は縫製が雑になっているのですぐに空気が抜けますが、
本物のブランド品のバッグならば空気が抜けるのに時間が掛かります。
続いて刻印の違いについて。
ブランドを象徴するブランド刻印ですが、
ここにもコピー品を見抜く手掛かりが隠されています。
レザーや金具などに刻印がありますが
本物のブランド品であればアルファベットの
細かい部分まで綺麗に仕上げられ、
刻印の深さや文字の深さも全てが一定しています。
今の段階では完璧に刻印を再現できる技術は無いので
刻印の違いでコピー品を見分けることができます。

ルイ・ヴィトンのバッグ

次は研磨の丁寧さについて。
本物のブランド品であれば細部や裏側まで
こだわって商品を作っています。
普段は目につかないストラップを留める
金具の裏側まで綺麗に研磨されていて、
触っても滑らかな金具に仕上がっています。
対してコピー品では大まかなデザインを模倣しているだけなので
細かな部分の研磨は疎かになっています。
最後は商品の大きさについて。
最も単純な見分け方としてバッグや財布の大きさを比べる方法があります。
高さや奥行、幅を見るのは勿論ですが、
持ち手のハンドルやストラップの長さを見比べてみると
どこかに必ずサイズ違いが発生するはずです。
完璧に同じ大きさのコピー品を作ることはできないので
本物と隣同士で見比べてみましょう。
前回に引き続きコピー品の見分け方をご紹介しましたが
如何でしたか?
総合的に判断する事で必ずコピー品を見抜く事ができるので
ブランド品を購入する際には参考にしてみて下さい。

Copyright © 買取情報サイト ブランドマガジン All Rights Reserved.